ロゴ

看護師として働くための方法

看護師として働くには、国家試験にパスしなければなりません。国家試験は誰でも受けられるのではなく、大学や三年生短期大学の看護学科、病院や大学の医学部に付属する3年制の看護学校に通わねば受験資格が得られません。

歯科医師と歯科助手の違いについて

歯科医師は医療全般を行う

歯科医師は、虫歯や歯周病の治療や口腔内疾患の予防、歯石の除去や入れ歯・差し歯の作成などを行います。また、ホワイトニングや歯列矯正、インプラントなどの審美的治療も施すなど、口腔内の医療行為全般を行います。

歯科助手は医療業務を行わない

歯科助手は、事務や受付、清掃など、医療以外の業務を行います。将来、歯科医師や歯科衛生士になりたいと志す人が、現場のノウハウを学ぶためにアルバイトとして働くことも多いようです。歯科で働くための登竜門的職業と言えます。

仕事探しは求人サイトを活用しよう

医療関係の仕事を求めているなら、医療専門の求人サイトを活用するのが効率的です。看護師専門の求人サイト、医師専門の求人サイトなどもあるので、より良い条件の求人を比較して好待遇の職場を見つけやすいのが特徴です。

看護師の求人探しで重視するポイント

看護師

職場となる施設の形態

看護師が活躍できる場所はたくさんありますが、自分に合う形態の施設であることを重視することが大事です。公共の病院、民間の病院、介護施設、民間クリニック、保育園や幼稚園、治験コーディネーターなど、それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分に最も適した職場形態を選ぶようにしましょう。

職場の人間関係

どんなに給料が良くても、職場の人間関係が悪ければ長く続けるのは難しくなります。もちろん、全く人間関係に問題のない職場というのは皆無に等しいですが、給料や条件は悪くないのに離職率が高い職場は、人間関係に大きな問題がある可能性が高いので避けたほうが無難でしょう。また、職場の年齢層なども考慮することが必要です。

雇用形態について

看護師の求人には正社員、準社員、パートなど様々な雇用形態があります。福利厚生がしっかりしていてガッツリ働きたいなら正社員として、夜勤は無理、夕方は5時までなど時間に縛りのある人はパートやアルバイトなど、融通の利きやすい形態を選ぶのが賢明です。ライフスタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。

看護師や歯科医師などの医療関係の求人を探そう

医者

仕事探しで気をつけるべきこと

仕事探しで気を付けることは色々ありますが、職種や給与、職場環境など全てにおいて自分が楽しく通える仕事を選ぶのが大切です。遠くて通いにくかったり、休みが少なかったり、勤務時間が長いなどは長く働くほどに負担になってしまいます。面接を受ける前にそれぞれの医療施設のホームページを見たり、口コミをチェックしたりして情報を仕入れておくことも重要です。評判や事業の規模を知ることができます。

広告募集中