ロゴ
HOME>注目記事>薬剤師の転職は薬剤師専門の求人サイトがおすすめ

薬剤師の転職は薬剤師専門の求人サイトがおすすめ

薬剤師

薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事内容は職場によっても若干異なりますが、処方箋の薬を調合したり、薬の飲み方を説明したり、薬の品質や在庫管理を行うのがメインの仕事です。薬局では市販の薬を選ぶ相談に乗ったり、化粧品メーカーでは商品開発のためのアドバイスをしたりするなど多岐にわたります。

薬剤師と登録販売者の違いとは

取得する資格が異なる

薬剤師は6年制の大学に通った後国家試験に合格しなければ資格が得られないのに対し、登録販売者の資格は都道府県による管轄になり、実務経験さえあれば学歴は問われません。

仕事の内容が異なる

薬剤師が薬の調合や飲み方のアドバイス、品質管理のほか、医師と連携して薬物治療のサポートなどを行うのに対し、登録販売者は薬の販売が主な仕事となります。

薬剤師になるために必要な資格

薬剤師になるには国家資格を取得することが必要となりますが、国家資格の試験を受けるならば、薬学部か薬科大学に入学し、薬剤師養成課程を得ていることが条件となります。薬学部を卒業した、もしくは卒業見込みである人のみに国家資格が引き渡されます。

薬剤師に転職するために気をつけること

薬剤師

転職先の職務条件

病院から薬局に、薬局からクリニックに転職する場合、同じ職種であっても勝手が異なるため、どのような職場であるのかしっかり情報収集することが大切になります。そのため、研修制度が導入されていると安心です。

安心して働ける職場かどうか

薬剤師に限らず、転職する場合は新しい職場にしっかりと溶け込めるかがカギとなります。また、年収や勤務形態などもだいたいこれぐらいが良いとの希望があれば、その条件で探せば安心して働ける職場を見つけられるでしょう。

転職サイトに気を付けよう

近年はネットで買い物するだけでなく、職探しさえ可能になっています。薬剤師を専門に扱う転職サイトは沢山ありますが、サイトによって得意な職種が違います。そのため、自分に合った条件の求人が多いかしっかり確かめてから登録しましょう。

広告募集中